絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

コラム 2017.07.12

【第56号】「ワンパンマン」と「ヒモザイルのセレブママ」問題

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山田玲司のヤングサンデー 第56号 2015/10/26「ワンパンマンワンパンパン」と「ヒモザイルのセレブママ」問題

───────────────────────────────────

 
どうも僕のニコ生「ヤングサンデー」に出てくれた人は、なぜか「大ブレイクする」という例が続いているようです。
絵本作家の「のぶみ君」の絵本は大ヒット中だし、我らが「東村アキコ」も「志磨遼平」も何だかんだ言って絶好調です。
そもそも僕が「この人いいな」と思っているから番組に出てもらっているので、その才能や魅力は保証済みなんだけど、そういう、自分は好きな人が世間にも認められていくのはやっぱり嬉しい。
そんな中で、今回のONE先生の登場です。
彼は僕なんかとは関係なく、とっくに売れっ子になっているので、今更なんだけど、今回のアニメ「ワンパンマン」が大好評で、まさに今「大ブレイク」の瞬間にいる漫画家です。
そんな彼が「ニコ生ヤンサン」の会員だという事実ですよ。
これはもう出演してもらうしかないと思ったわけだど、想像以上に充実した「いい回」になったと思います。
13325586aa2e291388fd5ccc8303fe951d1d463a

超能力なんかあってもモテませんよ
ONE先生の漫画は「絶対的な能力」を持った「普通の人」が主人公です。
彼が作中で言っているのは「ものすごい力」なんかあったって、人は幸せにはなれない、という事につきると僕は思います。
彼はモブサイコの中のセリフで「超能力なんかあってもモテませんよ」と描いていて、このセリフは実のところ漫画の域を超えて「時代の変わり目」を示す一撃です。
彼の漫画には世界征服を目論んで「最強の何か」を生み出そうとする人達が出てきます。
「俺は神様になりたい」という、人間的に未熟なキャラも出てきます。
「科学の力」だの「莫大なお金」だの「権力」だのさえあれば、自分は幸せになれるんだ、という人達を「過去の(おかしな)人」と見ているのです。
確かに「能力」はあったほうがいいです。「お金」だってあるほうがいいに決まってます。
それなりに「偉い」とか言われる人になりたいのもわかります。
でもそれが「世界で一番」とかなってくると、話が違ってきます。
何年か前にバンド「相対性理論」の曲の歌詞に「私もう辞めた。世界征服辞めた」というのがありました。
やくしまるえつこさんのキュートなボーカルで歌われているのに、言っている事は「まともな事を言っている風のインチキ評論家や政治家」を蹴散らす「本質」です。
この時も僕には衝撃で「こういう人達が現れた」という事に希望を感じていたのです。
そもそも、100万円は欲しいけど、100億円は必要ない、という人に「それは愚かだ」と言うのはおかしな話です。
野球をやる人に「それでイチローになれるの?」と言うのも、音楽をやる人に「それでマイケル・ジャクソンになれるの?」と言うのも変な話です。
アッコの「ヒモザイル」のシーンで、セレブママがあなたの所の(漫画の)アシスタントは「モノになるの?」と聞くのも同じ種類の話です。
漫画家は「大ブレイクして大金持ち」か「失敗してホームレス」の2択しかないと思っている人がいるのです。「そこそこの成功」や「挑戦することの価値」は認めないわけです。
おそらく「お金」にならくても「成功(幸福)」はあると言う事がわからないのでしょう。
8168022a302aa57d1d70804ccc55472c1ee72a47

「東大は出たけど、人の心はわからない」という病
そういう「上を目指さなければダメだ」という考えは、受験問題に顕著だ。
「とにかく成績を上げろ」という教育は、人として大事なものが欠けた人間を量産してしまう。
「いい大学を出た人が人格的にも優れているとは限らない」なんて今更言うまでもない。
最高学府を出て「人の苦しみがわからない」とか「自分の事もろくにできない」なんて人がいくらでもいる。
番組でONE先生は「ちゃんと朝起きるだけで、すごい事だと思う」と言っていた。
僕らは「成長主義の世界」で「ランキングの宗教」に洗脳され、人を「あいつは何位だ?」と格付けして生きている。
そして「すごい力」を求め「大金持ち」に憧れたり「神(カリスマ)」になりたいと願っている。
でも、実際は「毎日のランニング」も「朝起きて学校に行くこと」だって大変なのだ。
ONE先生はそんな「普通の事」ができる人が「本当のヒーローだ」と言っているのだ。

2d6cce14d5b32398f48e3a860f57373fd590045d

そういえば前出の「相対性理論」の曲は、世界征服を辞めてどうしたかというと「今日からは掃除洗濯めいいっぱい」と言っている。
「今日のご飯、考えるのでせいいっぱい」と言っている。
番組で僕は「普通の暮らしをしている仏」である「妙好人」の話をして、ONE先生を「君は親鸞だ」と言っていたけど、最澄の天台宗にも「一隅を照らす」という言葉があります。
「世界全体を照らせなくていい、1人1人が世界の片隅を照らせれば世界は明るくなる」という意味の言葉です。
朝起きて洗濯したり、通勤したりするのは「すごいこと」で、「世界の片隅」を照らしていると言っているのです。
そういえばブッダも凄い「超能力者」だけど、死ぬまで自分の足で歩いていましたよね。
みんな、今週も頑張ってね。

山田玲司

【質問はこちらへ!】
Twitter:https://twitter.com/yamadareiji
Gメール:yamadareiji6@gmail.com
タチワニ:http://ch.nicovideo.jp/yamadareiji/letter

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:山田玲司
矢村秋歩
発  行:株式会社タチワニ
and
Special Thanks To読者のあなた
───────────────────────────────────
Copyright(C) ReijiYamada. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

ページトップ