絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

コラム 2017.08.20

【第95号】人を笑わせる人になる方法

山田玲司のヤングサンデー 第95号 2016/8/1
人を笑わせる人になる方法

─────────────────

先週の放送の終盤でのことです。
番組に寄せられた相談のメールに回答する事になったんだけど、僕はそのメールで久しぶりに考えこんでしまいました。
これがそのメールです。
質問です。
ヤングサンデーいつも興味深く拝見しております。
質問です。
人を笑わせるにはどうしたら良いんでしょうか?
私は昔から目立ってこず、日陰にいます。人を笑わせてみたいなあといつも思っています。
お笑い芸人の漫才やテレビをみて面白いですが、それを自分が同じにやったとして笑いがとれるという感覚がまったくありません。
例えば、音楽だったら。ギターであのリフを弾けば人は盛り上がるだろうと簡単に想像できます。
私はウディ・アレンの映画が好きです。モテ男に対して皮肉のオンパレードで、観ていてすごく笑ってしまいます。ただ、これも私が同じように言ったらウケるのかと考えるとなんだかウケる気がまったくしません。
なので、軽いインプットはできてもそれを人に出すことができません。
ユーモアの構造とは一体なんなんでしょうか?
ミチシタ 26歳 男性
うーん・・・
どうすれば人を笑わせられるか?
ギターの演奏の様に「それが上達する練習方法」みたいなものはあるんだろうか?
桂枝雀さんが生前おっしゃっていた「笑いとは、緊張と緩和から生まれる」みたいな「お笑いの理論」ってのは確かにあるんだとは思う。
でも「笑わせる」という事に関しては、どうも理屈で説明がつきにくい気がする。
80年代の漫才ブームなんかの映像を見ると「え、これでこんなにウケるの?」みたいな漫才のギャグで観客は死ぬほど笑っていたりする。
数年前まで盛んだった「今年の1発芸」も同じで、少し経てばなんであの時「ムーディー勝山」にあれほど笑っていたのか理解できなくなったりする。
それは勝山さんの芸に問題があったわけではなく、単にそれが時代の空気なのだとも言える。
7a67eb65161590c4d79ab630c079dc819c193bee

「笑いを生む空気」
僕をとにかく笑わせてくれた人に「Kちゃん」という江戸っ子のおじさんがいる。
彼は僕が子供の頃から、常に面白い人で、年がら年中バカなことばっかり言ってふざけている。
僕が今、人前でバカなことを言ってふざけていられるのは、この人を見ていたからだと思う。
彼はみんなが真剣な顔をしている時にかぎって、本当にくだらないことを言ってその場を温めてくれる人だった。
そういう人がいると、その場は「くだらないことを言ってもいい」という空気になる。
僕はそういう空気の中で「あーくだらない」と言いながら、バカな話をする感覚を身につけさせてもらったのだと思う。
そんなわけで、僕にとって「人を笑わせる」ということは、技術を磨いて到達する「芸」ではなくて、「バカを言っても許される空気を作ること」から始まる、と今更気がついた。
バカを言える空気を作れば、場は温まるし、暴走しがちなヤツも出てくるので、それに突っ込みを入れればさらに笑いは膨らむし、そこでなら自分もバカを言ってふざけられるので、本来の面白さが発揮される、というわけだ。
そんな場を作ろうと思うなら、まずはそこにいる人を緊張させてはいけない。「サムい」とか「スベってる」とかいうマイナス評価なんかは完全にNGだ。
誰が何を言っても「お、そうきた?」「いいねえ」みたいに全部拾う。
こんな空気さえ作れれば、そこにいる人達はみんな少しづつ「笑える話」ができるようになっていくだろう。
僕が今回のメールで悩んでしまったのは、自分の知っている下町にはそういうふざけていい空気が自然にあったのに対して「今は本当に殺伐としてしまっているんだな」と思ってしまったからです。
プロの生き様に学ぶ
僕が尊敬する桂枝雀さんや、志村けんさんなどは、その人がそこにきた瞬間にその場が「笑ってしまうような空気」になってしまう「生き方」をしている。
2人とも根は真面目で、1人の時には思いつめてしまうような繊細さを持っていたけれど、人の前に現れる時には、自分の苦悩、悲しみ、痛み、などは完全に封印して「おかしな人」を演じきっていた。
この生き方はしんどいかもしれないけれど、僕はこの道に憧れる。
本当の大人ってのはこういう人じゃないかと思うのだ。
bd755a836bad505398d19057bfda275f517aea23

もう1人、僕が好きなお笑いのカリスマに松本人志という人がいる。
彼を見ていて思うのは、彼が他の誰より「すぐに笑ってしまうタイプ」いわゆる「ゲラ」だということだ。
彼は後輩芸人やマネージャーなどの、ほんの些細な部分に笑う。大御所のタレントさんのちょっとしたリアクションにもすご笑う。彼は冷やし中華を見ても「おかしい」と感じるタイプの人なのだと思う。なので彼はいつも必死で笑いをこらえている。
些細な事に「面白さ」を見出だせる、というのは大事な事だろう。
世界には「面白いこと」がいっぱいある。見慣れたものだって角度を変えれば「面白く」見えてくるのだ。
言い換えれば「感性(感じる心)」が錆びついていない、という事だろう。
これは「ギターの演奏方を学ぶ」みたいな話とは違うわけです。
笑えない時
それは人間なのだから、誰だって「笑えない」という時もある。
そんな気分の時は無理に人を「笑わせよう」なんていなくていいと思う。
まずは松本流に何でも面白がるところから始めて、そのうち「冷やし中華」も「都知事選」も「自分の寝起きの顔」もみんな笑えるようになれば、そこからが「次のステージ」だ。
実はこれも難しい話ではない。
原則、自分も他人も世界も許して「寛容」をキメれば「笑えない」時代は終わるからだ。
人を貶める「攻撃的な笑い」ってのもあるけど、カッコ悪いし、敵を増やすだけなので、結果的に自分を苦しめてしまう。
反対に世界を受け入れて面白がる「肯定的な笑い」なら、それは人を幸せにする「強い魔法」にもなる。
しかし、来たね「真夏」
身体に気をつけて夏を楽しんでね!
 山田玲司

【質問はこちらへ!】
Twitter:https://twitter.com/yamadareiji
Gメール:yamadareiji6@gmail.com
タチワニ:http://ch.nicovideo.jp/yamadareiji/letter

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:山田玲司
矢村秋歩
発  行:株式会社タチワニ
and
Special Thanks To読者のあなた
───────────────────────────────────
Copyright(C) ReijiYamada. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページトップ