インタビュー 2018.09.05

『CICADA』作画担当 漫画家バナーイ先生ロングインタビュー

漫画家山田玲司の最新コミックスCICADAの作画担当バナーイとはどんな人物か。
CICADA連載前夜から最新刊までを赤裸々に語るバナーイクロニクル。

バナーイBANAI

漫画家

久世孝臣takaomi kuze

山田玲司のヤングサンデー MC

結局仕事やってても漫画描いてしまうし「やめようかな」って思っても、やっぱり漫画描きたくなるんで。


icon
久世
今回のインタビューは『CICADA』の作画をおこなったバナーイ先生の登場です。よろしくお願いします。
icon
久世
バナーイ先生の漫画との出会いってどこからだったんですか?
icon
バナーイ
初めて漫画を描いたのは高校生ぐらいだったと思いますね。高校の時に漫画家っていうものに憧れを持って「じゃあ自分も1回描いてみようかな」って描いたのが始まりですね。
icon
久世
はじめに影響を受けた漫画っていうか、「かっこいいやん!」って思うキッカケになった作家さんとかいらっしゃるんですか?
icon
バナーイ
たぶんジャンプが漫画家っていうものを意識した最初の漫画ですね。
icon
久世
王道ですね。我々は『ジャンプ』黄金期みたいなところの最後らへんにいますもんね。
今でも迷ったら読み返す漫画ってありますか?
icon
バナーイ
ジャンプじゃないんですけど松本大洋さんの漫画はよく読みます。
icon
久世
『CICADA』ってとてもバンドデシネっぽいなって思ったりしてたんです。松本大洋さんもそういうタッチの時あるし、ニコラ・ド・クレシーさんといろいろしてたりするじゃないですか。そういう海外のアート系の漫画も好きなんですか?
icon
バナーイ
自分が漫画ちゃんと描こうと思った時に一番影響を受けたのが松本大洋さんなんで。僕のベースは松本大洋さんですね。
icon
久世
へー、意外!その時何でした松本大洋さん 。
icon
バナーイ
『ナンバーファイブ 吾』。『ピンポン』はもう終わってたんで 一気に読んで。『ピンポン』はたぶん僕の二十歳ぐらいの時のパラダイムシフトというか。こんな漫画あるんやっていう。
icon
久世
じゃあそういうのに影響を受けながら、個人的に書いてらっしゃったデビュー前の作品とかは、どういうテーマだったんですか?
icon
バナーイ
やっぱり『ジャンプ』の影響でアクション漫画というのが結構多くて。それにちょっと松本大洋さんのエッセンスが入ったような 。
icon
久世
でも当初目指されていた雑誌とかはジャンプ系列の方で。
icon
バナーイ
そうですね、『IKKI』とかに持って行ったんですけどけちょんけちょんにやられましたね(笑)
icon
久世
ははは(笑)
そのけちょんけちょんにやられたエピソードをできる範囲で聞いていいですか?
icon
バナーイ
原稿を持って行って、まずちゃんと読んでくれないっていう。
icon
バナーイ
「何か他に行きたい雑誌ある?」とか別の雑誌をすすめられるという
icon
久世
「いや、ここに行きたいんですけど !」ってね
icon
バナーイ
それがたぶん僕の小学館との出会いですね
icon
久世
それいくつぐらいの時なんですか?
icon
バナーイ
たぶん23か24だと思います。
icon
久世
バナーイ先生は逆境であればあるほど「バナァァァイ!!」って燃えるタイプなんですか?
icon
バナーイ
いやもう逆境になればなるほど和歌山が恋しくなる(笑)
icon
久世
よく次にいけましたね(笑)
icon
バナーイ
いろんなとこ行って「もし同じこと言われるんだったらそうなんだろうな」っていう。
そしたら案の定同じような事言われたんで。
「じゃあ今の自分のレベルはこんなもんなんやなぁ」って思って。
東京とか行ってるよりは和歌山で仕事しながらでもいいかなと。
icon
久世
その時は東京にいはったんですね。
icon
バナーイ
そうです。
(和歌山に戻ったあとは)作品がたまったら上京して持ち込みしてっていうのを繰り返して。
icon
久世
諦めるっていう選択肢はなかったんですね。
icon
バナーイ
ないですね。
結局仕事やってても漫画描いてしまうし「やめようかな」って思っても、やっぱり漫画描きたくなるんで。
「なんとか賞」とかあったら応募したくなるんで、ずっと続けてました。
icon
久世
不屈の精神ですね。
icon
バナーイ
諦める」っていうのが自分の中ではなかったですね。

弱々しい、どうしようもない、そんなセリフを主人公が言っているっていうのは僕にとっては新鮮で。


icon
久世
『CICADA』がデビュー作なんですか?
icon
バナーイ
そうですね。
デビューの定義が分かんないんですけど。
icon
久世
雑誌に載ったっていうのは何になるんです?
icon
バナーイ
『マガジンエッジ』っていう電子版に読み切りが載りましたね。
『CICADA』のに2〜3ヶ月前に。
icon
久世
なるほど。
それでついに『CICADA』に向かうわけですけど。
icon
バナーイ
そこはちょっと経緯があって。
デビュー作が原作付きでやってたんですけど、本当は連載になるかもっていう話だったんです。
けど、『マガジンエッジ』さんの中ではコラム読み切りだけで終わりにしようっていう話になって。
icon
久世
「私達別れましょう」って言われて(笑)
icon
バナーイ
そうですねw
連載だと思ってたのに、なくなってしまって。
どうしようかなって思ってる時にTwitter見てたら「SFで恋愛でメカの漫画家を募集してます」という山田先生のツイートを見て。

山田玲司のツイート

icon
バナーイ
それで山田先生ってどんな人なんだろうっていうのでゼブラーマンをみたのが、僕の山田先生との出会いですね。
icon
バナーイ
それが山田先生との出会いで。
その後に『CICADA』のコンペが始まる。
icon
久世
コンペってどういう形で進行していくんですか?
icon
バナーイ
まず初めに自分の完成原稿を見せてくれって言われて。
icon
久世
『CICADA』に関係なく?
icon
バナーイ
はい 。
完成原稿を一次審査で送ったんですよ。
『マガジンエッジ』の読み切りになったものを。
それで、一週間ぐらいしても連絡なかったんで、これ落ちたなと。
思ってたらメールが来て二次審査に進みました。
icon
バナーイ
それでシカーダのネームが3、4ページ送られてきて。
そのページっていうのが衝撃で。

レムが「寂しくて死にそうだ」って言うシーン。
1話だったんですけど。
その弱々しい、どうしようもない、そんなセリフを主人公が言っているっていうのは僕にとっては新鮮で。

ちょっと衝撃受けて。「これは是非ともやってみたいな」っていう思いで作画に挑んだんです。

そのまま山田先生の雰囲気で書くのもいいかなって思ったんですけれど、メカっていう部分があったのでここはやらなあかんと。

icon
久世
「そこは俺がやらなあかん」と。
ちなみにバナーイ先生はメカ、 SF、 恋愛やったら、やっぱメカが一番得意なんですか?
icon
バナーイ
メカが得意ってわけじゃないんですけど、僕は空気感というか、その世界の持ってる雰囲気っていうのが自分の伝えられる……なんて言うんでしょ。
icon
久世
強み?
icon
バナーイ
そうですね。
熊谷さん(担当編集)に「バナーイさんの雰囲気が出るから。メカとか人っていうんじゃなくて、世界の熱量が伝わるから、それを大事にしてほしい」と言われて。まだよくわかってないんですけど(笑)
icon
久世
自分なりに「山田先生の通りじゃなくて、メカはちょっと頑張って描いてみよう」って。
icon
久世
それでどれぐらい待ったんですか?
icon
バナーイ
10日以上待ちました。
icon
久世
まじで(笑)
icon
バナーイ
山田先生のツイッターをずっとチェックしましたね。
全然連絡来えへんので「これまた落ちたなー」と思ってたら連絡が来て。
icon
バナーイ
「次はこれを線画にして完成原稿としてまた3ページ書いてください」っていう。
icon
久世
同じところ?
icon
バナーイ
また別のところを。
「まだやるんか」と(笑)
icon
久世
「三次審査きたで」と(爆笑)
icon
バナーイ
これはいよいよ来たなと思って。
icon
久世
「どうせまた10日間またされるんやろ」みたいなね(爆笑)
icon
バナーイ
そうですね(笑)
本当にこれが最後やなと思ったんで、じゃあ今度はアクションシーンで描いて。
インディゴのアクションシーンがあったんですけど、僕おじさん書くのが好きなんで、ここはストロングポイントになるかなと。
icon
久世
1話ですか?
(火炎放射器を)カチャってやるとこ?
icon
バナーイ
そうです、そこです。
icon
久世
あそこかっこよかったですね。
三次審査ではどれぐらい待たされたんですか?
icon
バナーイ
その時はたぶん2週間以上待って。
icon
久世
どんどん長くなってるやん(笑)
icon
バナーイ
「もう絶対これは落ちたなー」と。
「せめて合否を教えてください」ってメールして、それでもうんともすんともなかったんで。
icon
久世
こわ〜。
icon
バナーイ
編集者あるあるなんですけど「無視する」(笑)
icon
久世
無視すんなっていう(笑)
icon
バナーイ
「絶対落ちたなー」と思ってたら電話かかってきて「この度はおめでとうございます」と。
今まで落ちてきたことがほとんどやったんで、「また落ちたんやろなぁ」と思って取って。そしたら受かってたんで自分で拍子抜けで。
その時まだ実感が無くて「受かったんか〜」ぐらいの。
icon
久世
その時まだレイジさんには会ってないんですよね?
icon
バナーイ
会ってないですね。

もし20年やれてたらちょっとイキろうかなと思います(笑)


icon
久世
レイジさんに会ったのはいつ頃なんですか?
icon
バナーイ
その3週間後なんですけど。
上野で待ち合わせしてて、山田先生が先にカフェに着いてると。
僕は編集さんに引き連れられてカフェに入ったらなんかもうオーラがあるんですよね 。
やっぱりさすがにオーラがあって、ちょっと圧倒された。
僕が初めて会った漫画家って山田先生だと思うので。
icon
久世
ほかの漫画家さんに会ったっていうことはあります?
icon
バナーイ
僕の知り合いの知り合いが実は漫画家でお会いしたんですけど。
山田先生みたいなオーラを持ってる人はそんないないですよ。
icon
久世
レイジさんの印象って、作品の印象と本人の印象ってどう違いました?
icon
バナーイ
山田先生って写真で見るより背が高くて、すごい雰囲気があって、「おわー!」ってただただ圧倒された。
icon
久世
歴戦の勇者みたいな。
icon
バナーイ
レジェンド漫画家がきた!って
icon
久世
たくさんの戦場を潜り抜けてきたみたいな雰囲気ありますもんね。
icon
バナーイ
やっぱり10年20年と続けられてる方っていうのは、本当に少ないと思うんで、言葉にも重みがありますし、発想とか漫画に対する想いっていうのが「そんなこと考えてるんやな」って。
icon
久世
僕もレイジさんと話してて思うのが、自分もお芝居のほうで脚本とか書いてるんですけど。
「俺全然考えてへんのやなー」って思うぐらい量と勢いがあるじゃないですか。
icon
バナーイ
山田先生っていう漫画家さんに触れて、自分が今までやってた事っていうのはやっぱ足らんかったなって。
ここまで考えてされてるからこそ生き抜かれてるし、ずっと応援される方になってるんだなって。
icon
久世
これから会いたい漫画家さんはいるんですか?
icon
バナーイ
僕は基本的には漫画家さんには特に会いたくない (笑)
作品と本人が比例しない漫画家さんが結構いると思うので。
icon
久世
作品と人間性っていうのは別に関連しないですもんね。
icon
バナーイ
そういうのを思いたくないから。
icon
久世
どこか達観してる感じですね。
漫画家として大事にしてる事ってありますか?
icon
バナーイ
「読者の人に向けて書くのがいいのか」とか、「読者の人の要望にどこまで答えるのがいいのか」っていろいろ模索して、それをずっと繰り返してます。
icon
久世
じゃあ20年後レイジさんみたいな歴戦の猛者みたいな空気をバナーイさんも出していきたい?
icon
バナーイ
もし20年やれてたらちょっとイキろうかなと思います(笑)
icon
久世
イキろうかなって(爆笑)

『CICADA』の19-20話ぐらいは山田先生の遺言みたいな会心のネームやと思ってるんです。

icon
久世
バナーイさんの特徴として聞いておきたいんですけど、地方に住む漫画家としてやっていますが、やりやすさやりにくさはありますか?
icon
バナーイ
やりやすいのは電話で済むんで待ち合わせするとか、その時間が省けるというところが。
icon
久世
あんまり人と会うのが好きじゃない派ですか?
icon
バナーイ
別にいいんですけど、人と話したりしたらやっぱり疲れる(笑)
icon
久世
ははは(笑)なるほどね、エネルギー使うし 。
icon
バナーイ
電話だったら話し終わったらサクッと終われますよね。
icon
久世
じゃあ和歌山のいいところは?
icon
バナーイ
東京っていろいろ目指してる人が集まる場所で、競争が激しいっていうのがあったり。みんなおしゃれですし。そういうのに疲れるっていう。和歌山ってそういうのがなくて。
icon
久世
ついつい比較しちゃいますよね。みんなめっちゃ頑張ってるやんとか。
icon
バナーイ
和歌山って自分のぬるさとかが、そのままでいられるんで。
icon
久世
頑張る時は自分だけで頑張ったらいいしね。
icon
バナーイ
そう、だから自分だけを見てられる。あとは一番大事なのが、ご飯とか衣食住を親に任せられるっていう(笑)
icon
久世
はははははは(爆笑)
icon
バナーイ
これは強いと思います(笑)漫画描くだけに集中できるんで。
icon
久世
ちなみに何フェチなんですか?
icon
バナーイ
えっ?女性ですか?
icon
久世
女性以外でも、機械フェチでも電柱がめっちゃ好きとか、「俺フェンス見たらやばい」とか描いててめっちゃ楽しいもんとか。
icon
バナーイ
背景ですね。僕が好きなのは。
icon
久世
もちろんレムとかロルカの顔これいいなーっていう時もあるんですけど、雰囲気って背景から出るからじゃないですか。そこに何かのフェチはある人やなっていうのは思ってるんですよ。
icon
バナーイ
山田先生の熱い決め台詞と 、キャラクターと背景の上手いことマッチする時が、たぶん一番決まったなって。結構最終話は自分の中では…
icon
久世
100バナーイぐらい?
icon
バナーイ
200バナーイぐらいですね(笑)
icon
久世
200バナーイでました!!今の自分の持ってるもん全部置いてこれたっていうことですよね。素晴らしいですね。

icon
バナーイ
『CICADA』の19-20話ぐらいは『レディプレイヤーワン』じゃないですけど、山田先生の遺言みたいな会心のネームやと思ってるんです。それに僕も応えやなあかんと思って。20話(最終話)が一か月以上かかりました。ほんとギリギリのところで。最終話に熱量こめるために1回休載入れて、最後は自分のできることを全部しようって。
icon
久世
淡々と話しててすごい落ち着いてますけど、めちゃくちゃ情熱的ですよね。
icon
バナーイ
やっぱり『CICADA』っていうものに対して思い入れもありますし、山田先生のネームに応えなアカンっていうのが僕の中にはあって。読者とか関係なく、自分が今できることをやろう、全部最終話にぶつけようと。
icon
久世
この前のインタビューは加藤オズワルドさんだったんですけれども、オズワルドさんもシカーダの最終選考まで残って。
icon
バナーイ
まじすか!むしろオズさんでよかったんじゃないですか(笑)
icon
久世
なんでや!知らんがなそんなん言われても(笑)オズも自分なりの理論で「僕はここを狙った方がいい」とかすごく戦略的に行っていて。バナーイさんもすごく落ち着いておっとりしながらも情熱を持っている。人と比較せずに自分のやれることをやろう!っていう地に足ついた感じで和歌山でやってるのが、とってもレイジ先生の相棒っぽいなーっていう感じがしました。
icon
バナーイ
ありがとうございます。僕もオズワルドさんの世界観がすごい好きなんで。オズワルドさん押しで。
icon
久世
じゃあ会いたい漫画家さんも。
icon
バナーイ
オズワルドさんです(笑)
icon
久世
おらん言うてたやん(笑)じゃあ最終話も含めてでいいんですけど200バナーイ中の200バナーイってどのコマなんですか?
icon
バナーイ
あー、ちょっと4巻ありますか?

200バナーイのコマを探し始める
icon
バナーイ
色々あるんですけど、まず扉絵。
200バナーイの扉絵
icon
バナーイ
ここも200バナーイ。
200バナーイの4巻159-160ページ
icon
バナーイ
ここも全体的に200バナーイ。
200バナーイの4巻161-162ページ ※ここからはネタバレ防止のためモザイクをかけてます
icon
バナーイ
ここも200バナーイ。
200バナーイの4巻163-164ページ

icon
久世
全ページやん!!
icon
バナーイ
ちょっと待ってくださいここ全部200バナーイですね。

200バナーイの4巻165-166ページ

icon
久世
やばいやばい(爆笑)
icon
バナーイ
あ、ここは500バナーイですね。

500バナーイの4巻165-166ページ

icon
久世
500バナーイでました!!じゃあそれでええやん(笑)
icon
バナーイ
ここも200バナーイぐらいですね。

200バナーイの4巻165-166ページ

icon
久世
じゃあもう一番バナーイが高いやつ探っていきましょう(笑)
icon
バナーイ
この顔が、ここでレムが成長したというか、今までのレムとは違う。

4巻169ページのレムの顔に注目

icon
久世
1個抜けましたよね。
icon
バナーイ
ちょっと大人の顔になってる。「俺は貧乏ですぐ折れるクズ野郎なんだよ〜」っていう姿から、一歩進んで「待ってて」って言う、ここがレムの到達点で。それでロルカの500バナーイは「全部好きよ」のここかなっていう気がしてて。ここが物語としての到達点かな。レムの到達点とロルカの到達点、あと物語としての到達点 。
icon
久世
ここがもう800…いや8万バナーイかなっていう。
icon
バナーイ
僕この後どうなるか知ってるんですけど。
icon
久世
ええええ!!!ちょ、描いてよ〜。描いて発表してよ~。
icon
バナーイ
クラウドファンディングお願いします(笑)僕にお金をください。
icon
久世
知ってるとこまでは描けますと(笑)

「世界は変えられやんけど、大事な人だけは救ったよ」って。

icon
久世
1巻で「だから俺は貧乏ですぐ折れるクズ野郎なんだよ。でもプライドだけは高いし〜」って言って、「でもそれでも好きって言って欲しいの?全部好きよ」ってあったじゃないですか。
映画とかアニメとかでも、最初のシーンに戻ってくる事って結構あるじゃないですか。
でもこれ漫画やからもう1回書くじゃないですか。どうだったんですか?あそこ戻ってきたーみたいな。
icon
バナーイ
これはエピソードがあって、山田先生のネームが1巻の始めの時とちょっと違ったんですよね。
「それでも好きって言ってほしいの?」のあとにロルカがレムの手を握るっていうシーンがあって。
これが入ることによって1巻とは違うっていう僕の中のイメージがあって 。
山田先生の描いてる心境が1巻の時の『CICADA』と、最終話の『CICADA』が違うんやなーって感じたんで。
たぶん前向きな終わりになってるなと。
どうしようもなくてこういう状況になった。それでも多分ロルカは前に向かおうとしてる。
だからこそレムの手を握って「全部好きよ」っていうセリフを言うと僕は思ったんです。
icon
久世
顔も違いますもんね。
icon
バナーイ
ほんまはもっとズタボロで倒れた「全部好きよ」だったんです。
でも僕の中では「山田先生はきっと捉え方が変わったんだろうな」って思って、「じゃあ僕はそういう絵を描こう」と思ってこういう「全部好きよ」になりました。
編集さんに相談して「これでいいですか?」っていう話をしたら「僕もこれでいいと思います」っていう判断が出たので。
icon
久世
同じカットにならへんかったのがとても素敵やなって思いました。
icon
バナーイ
ただ同じことをなぞるっていうよりも、もっと伝えられるものが変わった。
だからこそ自分はこの絵を選びましたし、違う受け取り方を読者の方もしてくれるのかなと思ってやってみました。
icon
久世
1年かけてその答えに行ったっていうことですよね。素晴らしい。『CICADA』二部やるんであればバナーイ先生の中ではどんな話にしたいですか?
icon
バナーイ
たぶんこれはバトンをつなぐ話なのかなと思いまして。だからロルカからレムにバトンが渡って、そのバトンを今度レムがこの世界で誰に渡すのか、どういう世界を見ていくのか。
それが僕が山田先生と見せてもらいたいなって。
icon
久世
ええこと言うよねぇ。
ええこと言うやん。ちょっと泣きそう。
icon
久世
思い入れのあるキャラクターとか自分に一番近いキャラクターってありますか?
icon
バナーイ
僕にとってはこのレムっていうのが、主人公像を変えたというか。
こんなに何もできやん、なんかウジウジしてる…
icon
久世
ほんまにちょっと優しいだけの人やもんね。
icon
バナーイ
これが主人公として成り立ってるっていうのがびっくりして。
どうしても僕が読んでた漫画っていうのは王道で、主人公が成長して「どう壁を乗り越えていくか」っていうのがあるんですけど。
レムは違って、進んでるのか進んでないのかよくわからないような、でも時々ハッとするような顔を見せたり、「なんかやってやろう」っていう、そういう思いがある。
レムがやっぱり自分の投影じゃないですけど思い入れがあります。
icon
久世
アニメだとこういうのをナヨナヨした主人公もいるじゃないですか。
『エヴァンゲリオン』みたいな。
icon
バナーイ
『エヴァ』とか『エウレカ』って結局主人公がどうにかできてしまう話なんですけど、『CICADA』ってレムが結局何もしない。
icon
久世
別に初号機にも乗らへんしね。
icon
バナーイ
どうにかするのはロルカで。レムは結局何をしたっていうと、ロルカの心を救った話なんじゃないかなって。
icon
久世
ぞくぞくするなあ。
icon
バナーイ
それが僕にはすごくかっこよくて。世界は変えられやんけど、大事な人だけは救ったよっていうのが。
icon
久世
自分も大事な人だけは救おうかなって。
icon
バナーイ
いないですけど(笑)
icon
久世
メカの書き込みやデザイン設定、科学考証などこだわったところはありますか?
icon
バナーイ
乗り物は基本ビートルとかモトコンポとか(実在のものをベースに)使ってたんですけど。
それ以外はあえてリアルにあるものからいろんなところを外してて。
銃器とかは結構ファンタジーにしてます。世界観をふわっとした感じにしたかったんです。銃器とかまでリアルにしてしまったら、人殺すシーンとかもあるんで結構生々しいかなと思って。
山田先生からも「あまり人殺すシーンをちゃんと描かないでほしい」っていうオーダーがあったので。
icon
久世
ロルカの髪飾りが途中なくなり、最終話に近づいたとき髪飾りが戻ってるのは意図があるんでしょうか?
icon
バナーイ
これはちょっといろいろあるんですけど。
icon
久世
なんですか。
言ってごらんなさい。
icon
バナーイ
「ロルカを普通の女の子に見せて欲しい」と、3話ぐらいの時に山田先生から情報が入ってきて。
もう髪飾りつけてるしなー…って。3話まで来てるしなーと思って。こっそり1つ外して、その次2つ外して。
icon
久世
だんだんと外したんや(笑)
icon
バナーイ
最終話になって「でもやっぱりつけたいな」って戻した。やっぱ始めつけてたしな、これもどしてやろうと思って。
そーっと戻しました(笑)
icon
久世
バレてないと思ってる?
icon
バナーイ
いやバレてると思ってます(笑)バレてるとは思ってますけど、でもそこはお互いで。お仕事でやってますんで。「これは絶対やりたい」っていうお互いのバランスですよね。
icon
久世
たしかに。「ごめんやっぱり絶対に髪飾り消して」って言われてたら消してますよね。
icon
バナーイ
そうですね。削りますけど。そーっと徐々に小さい髪飾りから大きく戻してみたいな(笑)
ただ、外したことによってみんなが「髪飾りをつけてほしい」っていう要望があったんですよね。「あれ可愛かったのに」って。じゃあもうその声を信じようと思って。
icon
久世
「つーけよ」って(笑)
icon
バナーイ
「最終話に向けてつーけよ」って(笑)
たぶん3巻のレムとロルカの逃避行が始まってからまた付け直してます。あそこから最終決戦に戻るっていうのが大体分かってたんで、やっぱつけやなあかんよなと。
icon
久世
ちなみにレムのそばかすなくなったのは?
icon
バナーイ
1巻描いた時点で、レムの顔の線とか、そばかすとかが山田先生からノイズに見えるという意見をもらって。ものがはっきり見えなくなるっていう話をしてて。僕もそうやなあと思って。
弱々しいレムっていう意味で記号としてそばかすはつけてたんですけど、だんだんレムが5話6話7話といくに従って成長してて。じゃあもうそばかすいらんかなあと思って、外しだして。
icon
久世
また徐々に?
icon
バナーイ
徐々に(笑)
最終話で「でもやっぱりレムはそばかすやな」って思って。ちょちょちょーってわからんようにまたつけだして(笑)
icon
久世
いやわかるて(笑)
icon
バナーイ
つけてる時はノイズにならんようにつけてるつもりではいるんですけど。
icon
久世
ノイズだった時期のそばかすのつけ方とは変えてるで」っていう。
「きちんとしたそばかすやで」と。
icon
バナーイ
そうです。ちゃんとしたそばかすに。
icon
久世
だんだん減らしてだんだんつける。
それちょっと作画の人のいたずら心っていうのを楽しませていただきました。
icon
久世
バナーイ先生の絵って連載で描いてる期間に作画がどんどん変わっていったと思うんです。
後半になるにつれてだんだん良い感じに変わっていってると読んでるほうは思ってたんですが、その辺の手応えっていうのは描いてる本人としてはどういうふうに思っていたんですか?
icon
バナーイ
これも試行錯誤なんですけど、自分の中では「1話が結構きたぞ!」と手応えあったんですけど、世間の反応では1話が一番きてなかった、っていうのをすごい言われたんですよね。
icon
久世
ちょっと読みにくいと。
icon
バナーイ
「あれ?俺これがいいと思ってたのに…」って。
そこから自分を貫くよりも読者の声を聞いた方がいいかなって考えて。山田先生からもちょっと見えにくいっていう話を聞いてたんで、変えてみようかなって思って変え始めたのが 5話〜8話とか。
線とかもだんだん減らしていってて、3巻ぐらいの時ですかね。そしたら逆に今度は「線が少な過ぎる」っていう意見が出てきて。前の方が良かったって。情熱みたいなものがなくなってきたって言われ始めて。
icon
久世
見やすくしようとしてんのにって(笑)
icon
バナーイ
でもそれも確かにそうやなあと。
両方を納得させるのは難しいかもしれない。けど、僕はお金もらって仕事してるんで、せめて納得してもらえるものは作りたいなと思って試行錯誤して。
僕の中で20話が答えで、自分の描きたい絵っていうのはこの辺りかなっていうのが見え始めた。まだ全然見え始めた段階なんですけど、見え始めたところで終わってしまった。
icon
久世
ありますよね。やっとわかってきたっていうところで。
icon
バナーイ
だからもうちょっと書きたかったなっていう思いがありますね。
icon
久世
連載中に一番嬉しかったことは何ですか?
icon
バナーイ
僕は普段ほぼ家から出ないんですけど、サイン会を地元でやった時に、10年ぶりぐらいの人らが応援しに来てくれて「久しぶりー」みたいな。僕にとってそういう漫画を描くことによって、今まで縁が途切れてた人が、自分の周りに来てくれたというのが、漫画が繋いでくれたじゃないですけど。
icon
久世
おー!『CICADA』っぽい!!
icon
バナーイ
応援してくれてるっていうのが、やっててよかったなって。
icon
久世
連載が終わったこと以外に悔しかったことは何ですか?レイジ先生になんか言われてちくしょう!みたいな。
icon
バナーイ
ちくしょうと思ったのは僕の力不足もあるんですけど…やっぱり終わってしまったっていうのが。
icon
久世
やっぱりそれ以外にないのか。
icon
バナーイ
20話ぐらいの自分で1話から描けたらどうやったんやろなぁとか。
また違う世界があったんかなぁとか。初めからある程度受け入れられる絵が描けたら良かったんかなぁって思ってるんですけど。
僕の絵って最近の流行りでは全然ないと思うので。逆に今風の絵師さんが描いたらどうなるんかなぁとか。
icon
久世
全然想像つかないですね。
icon
久世
じゃあこれで最後の質問になりますけど漫画家を目指してる人にアドバイスを。
icon
バナーイ
僕もまだ全然漫画家として歩けてるとは思わないんで、「色々悩んだりして一緒に頑張っていきましょう」っていうか。面白い漫画描けたらいいなって。みんなでやってやろうぜって。
icon
久世
じゃあ今後もよろしくお願いします!
icon
バナーイ
よろしくお願いします!

最後に、山田玲司への質問

バナーイ先生から山田玲司へ『普段聞けないけど聞きたかった質問』を預かったので、本人に聞いてみました。

icon
バナーイ
山田先生がもしバナーイの編集者さんだったら、どんな漫画を描かせてみたいと思いますか?

icon
山田玲司
バナーイ君に描いて欲しいのは、やっぱり「和歌山」です。
例えば「和歌山で巨大ロボットを造る話」とか面白いかも。
自分の周りの実在の人物をモデルにして欲しいです。
和歌山が大阪と戦うとか、和歌山が東京と戦うとか、戦いは「ロボットコンテスト」とかの競技にしたらいいかも。

彼の武器はメカと和歌山だと思うので、それもありだと思います。

ヤンサン大阪合宿中の大阪港でのバナーイポーズ

バナーイ先生ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

バナーイ

漫画家

漫画家
2016年より月刊!スピリッツにてCICADAの作画を担当(原作 山田玲司)。
和歌山在住のご当地漫画家として活躍中。

バナーイ先生からのコメント 「ヤンサンファミリーの皆様、応援ありがとうございました!」
Twitter @banaicicada

久世孝臣

山田玲司のヤングサンデー MC

演出家・詩人
創作集団ナズ・ラヴィ・エ主催。
http://kuzetakaomi.weebly.com/

主に舞台作品の演出・脚本、詩作を手がける。

場所や参加する人間の表現ジャンルを問わない境界線を超えた共同制作を得意とし、それぞれの良さを活かしつつ確固たる一つの世界を構築することに定評がある。 表現における言葉の可能性、言葉における意味の領域の拡張、自身が掲げる「身体性を持った言葉」を用いてイマジネーションの可能性を追求する。

Written by

webmaster

播磨 貴文

いつも頑張っています。

市川 剛史

市川 剛史

どすこい喫茶ジュテーム

ishino

Bros.Chu

Bros.Chu

小食、無言、人見知り

matsuda

松田ひょっと斎

いろいろやらかすひょっと斎です^^v

Recent Entries

ページトップ