絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

コラム 2017.07.21

【第65号】「心の一松」と骨董通りのアップルパイ

山田玲司のヤングサンデー 第65号 2015/12/28
「心の一松」と骨董通りのアップルパイ

 

 
今年1番騒がれていた感じの「おそ松さん」なんですけどね。
どのキャラもいいんだけど、中でも気に入ったキャラは、人間との関わりの全てをあきらめた(感じに見せてる)一松です。
今っぽい「メンヘラキャラ」で、猫好き。猫としか心を通わさない(感じに見せてる)のもいい。
逆に言えば「ものすごーーーく誰かに愛されたい」「認められたい」「本当は寂しい」人なわけね。
「俺をほっておいたら何するかわなんないよ?いいの?家族から犯罪者が出ても・・」なんて言い方なんかも、見事に「僕さみしいの、かまって、離さないで」という気持ちの裏返しなわけですねー。
で、こういうキャラクターに僕が感情移入してしまうのは・・・・そうです。
一松が「あの頃の僕」に見えるからです。
前回の放送で、「けっ」と言って壁を作る自分をなんとかしよう、という話をしていたのですが、それの典型が「一松さん」で、20代の頃の 山田玲司もそうだったわけです。
特に「クリスマス」などという、チャラいイベントは許せなかったものです。
それでもまだ付き合っている彼女と「いい感じ」であるならば、そんなチャラい街の空気も許せたんでしょうが、当時の彼女は、今で言う『ライトビッチな子猫ちゃん』でした。
「お洒落タウン」と「ブランド」が好きな、ワガママエイリアンで、女狐オン・ザ・ランだったわけです。
僕がしてもいない浮気を疑って、あれこれ詮索するくせに自分はどこかでちゃっかり浮気をしてくる様な女でした。
その度に僕はボロボロに傷ついて、「わかったよ別れよう」なんて言って、彼女のいない日々に必死で慣れようとするわけです。
時間はあるけど、金も仕事もない20代の男ってのは最悪です。
安い酒を飲んで、八王子の街をふらついて、何もないままコタツで寝落ちするのです。
それでも男友達に助けられて、何とか復活しかけた頃に彼女がやってきて「やっぱり戻りたい」とか言うわけです。
「ふざけんな今更何言ってんだ、帰れよ」なんて、言えるほど心は強くなく・・
「しょうがねえな・・もう浮気すんなよ・・」なんてバカな事言ってしまうわけです。
その後ですか?
もちろん彼女は再び『他の男』に抱かれてきます。ええ・・。それを何度も繰り返すかわいこちゃんだったのですよ、彼女は。
そうして、あの地獄のクリスマスが来ました。
時にバブル絶頂。「クリスマスに1人でいる人間は死ぬほど不幸です。死になさい」という、わけのわからない脅迫が国中に吹き荒れていました。
僕はといえば、浮気なパレットキャットに疲れ果て、寝ても冷めても「ブルーハーツ」を聴く、という暮らしで何とか命をつないでおりました。
そうです。どぶねずみみたいに美しくなりたい、と思う事で、なんとか死なずにいたわけです。
今回の放送で、アッコとおっくんがこの曲を「わけわからん」と言ったのが、今となっては、面白すぎて仕方なかったんだけど、当時の僕なら確実に2人を殺してましたね。ふふ。
a4992165a8631568215eca88edc0f9230d51fee1
そんなわけで「もう他の人となんかしないから、心配しないでね」なんて言っていた彼女が、クリスマス直前に他の男(スーツ野郎)の元に消え、僕があげた指輪をしたまま「ごめん。してきちゃった」なんて言ったので、完全に心が限界になった僕は大岡山の男友達(1人暮らしドーテー)のボロアパートに非難していました。
同級生である彼の部屋は、隙間風が入る4畳半で、その中に大量の洗濯してるかしてないかわからない服と、ファミコンとホットドックプレスが散乱した「キツいオスの匂いがする」地獄の部屋でした。女なし地獄の黙示録です。
そしてその日はクリスマスイブ。
「このままこのドーテー男と一緒にこの部屋に篭っていたら死んでしまう」と、僕は覚悟を決めて、「そ・・・外に何か食いに行こうぜ・・」と、言いました。
街はバブル期のクリスマスイブです。
今とは想像もつかないほどの華やかな賑わいにあふれています。
そして彼女は誰か他の男に抱かれていて、僕はドーテー男子大学生と2人きり。もう戦いです。
戦いなのです。これは!
そして大岡山と言えば、隣街は天下に轟くおしゃれタウン。彼女も大好きだった「自由が丘」です。
戦いの場は決まりました。
その時の僕はまさに「一松さん」です。
道行くカップルを何度も「けっ」と眺めつつ、駅前の吉野家に直行です。

この当時、東京の男なら知っておかなきゃならない街が「自由が丘」と「青山」でした。

代官山や六本木に三軒茶屋なんかもそうでした。
そんな世間のふざけた雰囲気に、僕の「心の一松」は「おしゃれバカは皆殺し」と叫んでいました。
今であれば、何てことのない話です。12月24日に友達と牛丼を食べただけの話です。
僕が苦しんだのは「世間」というヤツが生み出す「みんなはこうなんだから君もこうじゃないと、可哀想だよ」という、わけのわからない「同調圧力」に反応して「負けていた」だけの事だったのです。
もちろんその時の心の傷は「彼女を寝取られた」という事実から生まれたものですが、クリスマスの話は本来関係ない話なのです。
その証拠にその時一緒だった「ドーテーの友人」は、女の子と付き合う事をよく知らなかったため、1人だろうが、クリスマスだろうが、ノーダメージで、ファミコンに明け暮れていましたからね。
そんなこんなで、当時のワガママな子猫ちゃんが、お洒落タウンとユーミンとビトンが大好きな「ライトビッチ」だったため、僕はすっかり「お洒落タウン破壊スル」「ユーミンコロス」「ビトンコロス」みたいな典型的なパンク小僧になって、ダメージジーンズにラバー・ソウルを決めて、フェンダーをマーシャルに直結するどぶねずみになってしまいました。バカですね。ふふ。
49bb22f9d31dd5889f454bd6642bf030c42ae751

骨董通り問題
今回の放送で、もう1つ話題に上げたのが「骨董通りも知らない男とはデートしない」という「はあちゅうの友人の発言」についてでした。
骨董通りは青山にある東京屈指の「お洒落ストリート」です。
「それくらいは知っていないと、女は相手にもしてくれないわよ」という、上目線からの恐ろしい発言です。
この文を読んだ瞬間、僕はバブル時代の「あの日」に帰っていました。
そうです。その頃の女の子の中には「こんな事を言う人」がゴロゴロいたのです。
もちろんこんな発言を聞いたら(骨董通りを知っていても)普通の男は引きます。
「良かった。知ってた」と思う男もいますけど、ほとんどの男は「こいつ嫌な女だな」と思って、遊んだとしても決して「本命の女」にはしないでしょう。
おそらくこれは「骨董通り発言」くらいでは動じない、Sクラスの都会の男(&成功者)しか相手にしないんです。という「心意気」なのだとは思うんですが、そういう「Sクラス男」も、女からそんな発言を聞いたら「ああ、その程度の女か」と、「その程度の扱い」しかしないではずです。
人の価値は何で決まるのか?
それにしても、なぜこんなに僕は「骨董通り発言」に反応したのだと考えてみました。
やっぱりそれは、僕の中の「心の傷」が原因だったのです。
あの時、世間と彼女が僕の価値を「お洒落タウンを知っているか?」という、気分の悪くなる様な物差しで測っていたのが許せなかったのです。
当時も僕は沢山の事を考えて、沢山の漫画を描いて、沢山の挑戦をしていました。
なのに、僕の価値は「お洒落タウンを知っているか?」で測られてしまうのです。
許せるはずはありません。
「けっ」です。
そんなメス豚は「けっ」です。
そんなわけで、僕は未だにそういう「都会大好き主義」が許せないんだなあ・・と思ったんだけど。
気がつけば僕は放送で、ブルーハーツをバカにされても笑っていて、「骨董通りなんか、別世界ですわー天竺ですわー」なんて楽しくやっている。
どうやら僕の「心の一松」は必要なくなりつつあるみたいだ。
番組の中で、アッコは「骨董通りはアップルパイが美味しいし・・」みたいな事を言っていたので、「よし、こうなったら行くか」と、クリスマスの骨董通りにアップルパイを買いに行きました。
そこで驚いたんだけど、骨董通り。
あの辺だよなとは思っていたのだけど、取材やら何やらでさんざん来てる「おなじみの道」でした。
しかも「大好きな劇団の公演」とか「大好きな画家の展示会」とかをやっていて、何度も来ていたスパイラルホールの隣じゃないか。ここ!
いつかここで個展をやるつもりの場所じゃないか。ここ!
それにしても、「ただの道」が「知らないと女にふらてしまうお洒落ストリート」になってるって、何なんだろうね。
「世間なんて相手にするな、そんなものただの道だ」ってことだね。
え?アップルパイはどうだった?って?
そんなもんただの「美味しいアップルパイ」でしたよ。また買いに行きますよ。
8eee8f9112e7431f6ebfec89598c1d281540f91b

とにかくさ・・・
何を知っていても知らなくても、君は君だよ。自分の価値は自分で決めような。
「今日も私は最高だ」ってね!
今年もありがとうね。

山田玲司

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:山田玲司
矢村秋歩
発  行:株式会社タチワニ
and
Special Thanks To読者のあなた
───────────────────────────────────
Copyright(C) ReijiYamada. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

ページトップ