絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

コラム 2017.08.11

【第86号】蘇る「思い出おじさん」

山田玲司のヤングサンデー 第86号 2016/5/30
蘇る「思い出おじさん」

───────────────────────────────────

ある程度の年齢なになると、人は昔の話ばっかりするようになります。
特に学生時代が黄金期だったような人はその症状がひどいし、何十年も「教室で起きたおもしろ話」なんかを繰り返すわけです。
僕の地元の友人にはこのタイプが沢山いて、会う度に「あん時笑ったよな〜」なんて話になる。
これはこれで楽しいんだけど、楽しかったのが「全部昔のこと」っていうのは情けない。
同級生だけの関係でそうなるのは我慢できるけど、年下相手に「昔のこと」ばかり話しているのはキツい。
何度か聞く分には年下の人も面白いかもしれないけど、会う度に「おれの昔の頃はさ」とか「あの時代はさ」なんて聞かされるのは嫌だろうと思っていました。
そんなことを考えるのには理由があって、過去を生きているなんて「今がつまらない証拠」だと思っていたからです。
なので何年か前から僕は「思い出おじさん」にはなりたくない、と言っていたのです。
7cac031613dcea6c4a589ae41830a185694329ab

とか言いつつ、長く生きているとどうしても話題は「昔の話」になりがちです。
「今週起きたこと」や「今やろうとしていること」もいいんだけど、80年代には80年代の、90年代には90年代の「面白さ」があるし、その時代の体験や知識から見出だせるので、気がつけば番組で時代分析の「クロニクルおじさん」になっている。
そんな事を「どうなんだろうなあ」と思っていた矢先、ラファエロ前派の特集をしていて思いました。
「こいつらも同じだ」
ラファエロ前派は色々偉そうに「革命」だの「新しい時代」だのと言っているけれど、描いている題材はお馴染みの「シェークスピア」だの「伝統的な物語」だったりします。
これは2次創作でコミケの同人誌みたいなもんだ、と番組では言っていましたけど、彼らがやっていたのは「古典」を自分達の時代の技法やセンスで再現する仕事で、どちらかと言えば「Dr.スランプ」に近い感じです。
「人気漫画」を読者の性的欲求に合わせて再創作するものとは似てるけど少し違う。
80年代のヒップホップカルチャーが「過去の偉人の作品」を引用するはるか前に、「自分が好きな過去の作品(思い出のコンテンツ)をアレンジして表現する人がいたわけです。
83f72c7c3f3d1dd1341bb5a3e367f1694d04dc6c

サージェント・ペパーズのジャケットに並ぶ人達は、当時のビートルズのメンバーに影響を与えた「思い出の偉人達」です。
手塚治虫の漫画もベースは戦前のロシアのアニメとディズニーなどで、そのベースの上に「その時流行っているモノ」が乗っています。
ブラックジャックの後に描かれた「プライムローズ」みたいな作品は当時大ヒットしていた「スター・ウォーズ」すぎるので誰でもわかると思うけど、ほとんどの作品がそんな感じの「ミクスチャー」なのです。
彼らの姿勢を見ていて思うもうのは「若い頃の思い出コンテンツ」(古典など)と「今の流行」(今の自分が好きなモノ)と「個人的体験」(手塚の医者体験や戦争体験、ジョンレノンの親との経験など)が入り混じって「名作と言われるコンテンツ」を生み出している、ということです。
「思い出」はコンテンツという料理の「素材」や「調味料」になる、という話でもありますね。
多くの体験や知識は刺激的であったり、癒されるようなものであったり、多彩で深みのある作品を生み出せるのです。
この素材にはあえて塩だけで、みたいな調理もできるようにもなってきます。
これは何もコンテンツを作る話ばかりではなく、会話1つにも同じことが言えるのです。
僕が嫌悪していたのは、今は何の挑戦もしないで、同じような生活をしながら「昔の思い出話ばかり」するような人間になることで、思い出のすべてを否定するべきではないんですね。
自分の中に色々な思いと、話したいことがありすぎると、混沌としてきて、ついつい「聞く側」のことを忘れて押し付けがましい話をしてしまいがちだけど、そこを「楽しく聞けるように調理」して話せばいいだけなんですよね。
そんなわけで、誰かのハードディスクに保存してもらえるような「お宝作り」をしていきましょう。
そしてそれは「漫画」だの「曲」だけではなくて、最終的には「人柄」みたいなものなのかもしれないよね。
そんなわけで、今週の放送は「お宝いっぱいの人気小説家、森沢明夫先生」が登場してくれます。
お楽しみに!
今週もがんばってね!
 山田玲司

【質問はこちらへ!】
Twitter:https://twitter.com/yamadareiji
Gメール:yamadareiji6@gmail.com
タチワニ:http://ch.nicovideo.jp/yamadareiji/letter

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:山田玲司
矢村秋歩
発  行:株式会社タチワニ
and
Special Thanks To読者のあなた
───────────────────────────────────
Copyright(C) ReijiYamada. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

ページトップ