絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

絶望に効くお薬処方箋 漫画家 山田玲司 公式サイト

コラム 2018.04.13

【第146号】「工場の灯」に「情欲」を抱く女

山田玲司のヤングサンデー 第146号 2017/7/31
「工場の灯」に「情欲」を抱く女

━━━━━━━━━━━━━━━━

暑いですねー。

 

これを書いているのは、ゴルパンのオフ会の翌日です。

 

今月のゴルパンのオフ会は、何と「工場の夜景を海側から船に乗って堪能しよう」という、素敵なものでした。

 

場所は横浜から川崎に向かう「お洒落スポット」から「ガチの化学系工場地帯」への大冒険です。

 

20代から50代までの「ヤンサン好き」が集まって、ワクワクの出港。

「学校出ても、まだまだ終わらないサークル活動」をご機嫌に続けるゴルパンメンバーは、あいにくの雨にも終始「ご機嫌」。

1人も文句を言う人がいないのはさすがです。

そして思っていた以上に高速で飛ばす小型のクルーズ船。

じっとりとした夏の暑さの中、現れる巨大な工場の群れ。ライトアップされたむき出しの鉄骨で出来た「異様な建物」が火を吹いている。

 

サイバーパンクだのスチームパンクだの、なんだか懐かしい言葉が頭に浮かぶ。

 

その昔、産業革命で蒸気機関が大発展していった(宮﨑駿やら大友克洋の好きそうな)時代に、「未来派」なる芸術家集団が現れました。

 

彼らの主張は「機械はかっこいい」「スピードはかっこいい」というもので、いわば「工場萌え」のルーツにあたる人達でしょう。

 

小雨に煙る煌めく工場の異様な美しさを見ていると、未来派の人達が無邪気に「かっこいい」と思ったのと同じ種類の感情がこみ上げてきます。

要するに、自然大好き派の僕が見ても、その光景は「かっこいい」のです。

 

とはいえ、その工場群の多くは「化石燃料」を大量に消費し、汚染分質を撒き散らし、海の生き物を死滅させる「悪魔の装置」です。

 

なので、無謀な近代化を批判する「まっとうな精神」のこもっていた「ウルトラマン」などの初期シリーズでは、やたらと「港のコンビナートや工場」が襲われます。

 

「思い出すなあ、タッコング・・」なんて思っていました。

 

工場は綺麗だけど、これだけ技術が進歩しているのに「まだこんなに悪魔の汚染装置に頼ってるのか・・」とも思う。

 

そもそも電気は「回転運動」だけでも出来るし、ある程度の「熱」があれば作れてしまう。

日本近海には大量の「海流」が常に流れていて、太陽はギラギラ営業中だ。

そんな「エネルギーの元」がいくらでもあるのに、予熱を放射しながら化石燃料が燃やされる。

 

僕は「石炭、石油」は「死んだおじいちゃんが隠していたタンス預金」のようなものだと思う。

石炭石油は、何億年もの間、地球上の二酸化炭素を「炭素」に閉じ込めて、地中深くに埋めたもの。

「それ」を使えば「物凄いエネルギー」が出せるけれど、それは石炭石油が「何億年もかけて生み出したエネルギーの元」みたいなものだからだ。

 

民話風に言えば「それ(石油)」には呪いがかかっていて、使うと人間の「欲望」が満たされるけれど、後の世代にまで「汚染」は続き、人間にとって一番大切な「健康」が奪われる、というのが「石油文明」です。

 

そんな石油の呪いを1足先に体験した、フランスとイギリスが「数年後にはガソリン、ディーゼル車の生産を禁止する」という法律を制定したらしい。

 

その変わりになるであろう「電気自動車」も、自然エネルギーで生み出した電気でなければ意味がないのだけれど、そっちの法整備も進んでいくだろう。

 

つまり、今回僕が見ているのは「20世紀の遺跡」とも言える。

そう思うと、何だかカンボジアの「アンコールワット遺跡」に似てる気もする。

 

一緒に工場群を見ていたゴルパンの男性が「なんかロックですよね」と言った。

 

確かに、節度ある古来の伝統(自然神、土地神を敬い、謙虚に暮らす)を破壊して、欲望の限りに火を吐き、空気も海も殺す「悪魔の工場」の「破壊精神」はロックの何かとも通じる。

 

だからこそ「美しい」

「工場に欲情する」という女の人がいるらしいけど、その根本にはそういった「人間の荒ぶる欲望」が可視化されているからかもしれない。

 

そしてそれは、どうしようもなく「魅惑的」だとも思う。

 

おそらく、そこには「死」が内包されているからだろう。

 

ところで、先週のアニメ選手権は面白かった。

面白かったし、美しかった。

せっかく苦労して作ってくれたアニメを、投票でボツにするなんて酷い話だけど、これは「みんなが平等」で「競争のない企画」では生まれなかった「何か」だったと思う。

 

やりたいようにやれ!そして勝つんだ!なんて「ノリ」が生んだ「面白さ(魅力)」でもある。

 

この魅力はどこか「欲望の工場群の魅力」にも重なるところがある。

 

やっぱり、競争や欲望は「人生」を面白くする大事な要素だ。

 

「欲望の工場群」と「アニメ選手権」との大きな違いは、アニメの競争には「第3者の犠牲」が(ほぼ)ない、というところだ。

 

そもそも「欲望」と言っても、アニメ選手権は金銭目当てではないし、純粋に「何かを作りたい」という衝動の類からきているのが、(今の)工場群とは大きく違うけどね。

 

今回、港の工場群を見ていて思ったのは、

 

病気になるほど空気を汚してでも「競争に勝つべきだ」という時代の幼稚な自由主義の残像。

 

そして人間の「欲望」も、どうしようもなく否定できないし、美しい、という事。

 

「それならどうやってコントロールしようか?」って段階にようやく入ったのが21世紀なのかもな・・とか思いながら、僕は船を降りたのです。

 

多くの宗教が「その答」を出しているんですけど、それを超える「石油」「核」「遺伝子」の発見、みたいなヤバいことが起こるんで、人類も大変。

 

それにしても暑いですね。

 

ご自愛下さいね。

山田玲司

公式サイト:漫画家 山田玲司 公式サイト
Twitter:@yamadareiji
ファンサロン:GOLD PANTHERS

 

【質問はこちらへ!】

Gメール:yamadareiji6@gmail.com
タチワニ:http://ch.nicovideo.jp/yamadareiji/letter

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:山田玲司
平野建太
発  行:株式会社タチワニ
and
Special Thanks To 読者のあなた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) ReijiYamada. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ
有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページトップ